日記

時事ネタやいろいろなことを気ままに書くかもです

時は戦国時代イヤッハ、義兄天魔王村雨の居城、飛燕城

15/07/10(金)17:20:05 No.300949218

時は戦国時代イヤッハ、義兄天魔王村雨の居城、飛燕城
そこに捕らわれていたのは麗しき少女、村雨の義妹でもある斑鳩姫であった…
幾度となく村雨の寝所に忍び入り、その安眠を妨害したという無実無根の罪で囚われていた彼女だったが
未だ諦める事無く、魔王村雨の手から逃れるどころかその暗殺を狙う斑鳩の股は
期待と不安で濡れそぼっていた…今日こそはこの戦乱の世の元凶、義妹狂いの兄を倒してみせる…!
決意も新たに牢に変わり身(服)を残し、一糸も纏わず兄の元へと向かう彼女の姿は不思議と気品に溢れていた
「お義兄様!その子種(おいのち)頂戴させて戴きます!!!」
兄の股間へと飛壺を一直線に突き刺そうとする斑鳩の豊満な肢体が中空で止まった…
いや、どうやったのか見えぬ鎖鎌の鎖によってその場に繋ぎ止められたのだ!
「どうした斑鳩よ…?まるで自分の忍術でそこにとどまっている様ではないかヒエッヒエッヒエン…」
「このまま生き恥を晒すぐらいなら一思いにお義兄様のボテ腹カグラにして下さい!!?」
悲痛な叫びに聞く耳持たず、村雨の一本刀が義妹の鞘へと吸い込まれていくのd

http://img.2chan.net/b/res/300947441.htm
15/07/10(金)17:59:09 No.300953009

 とても幸せな夜を過ごして、我は自然と早起きしてしまっていた。
 こんなに心地のいい朝はいつぶりだろう…?いつもと全く違う感覚で、つい朝食の準備なんてはじめてしまっていた。
  ――我に、我らしくもない事をさせてしまう愛しい人…村雨の事を想うとなんで胸が熱くなるんだろう?なんで胸が少し痛むのだろう?なんで胸が苦しくて切なくて…それなのに幸せなんだろう?
「…先に起きていたのか叢?」
 昨夜ベッドの中でさんざん聞いていたのに、その声を聞くと心臓が弾む。なんて事だろう…これじゃまるで恋に恋するお馬鹿な女子みたいだ。だけど頬が赤くなるぐらいで、我の中に恥ずかしい気持ちは全くない。
 ――あぁ、人をこんなに正直に好きになるってこんなに気持ちのいい事なんだ。ふふっと我が笑うと、村雨も嬉しそうにしてくれる。
「あんなに愛し合ったのに不思議だな…今のお前は昨日のお前より愛したい…」後ろからゆっくりと村雨の広い胸板に抱き留められてしまうと、我の頭は今度こそ熱を持ってしまった…
 ――我知ってるよ。村雨の朝勃ちチンポで我、まっしろになるまでずっと犯されちゃうってデュフフフフ

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/07/10(金) 22:12:22|
  2. ふたば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<兄の部屋の直下に存在する私の秘密研究室…そこで私は兄の持つ固有化学物質の研究をしていた | ホーム | 七夕と言えば織姫と彦星が一年に一回だけ会える日、恋人同士にとっては>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oretumariore.blog121.fc2.com/tb.php/603-6a682206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home

プロフィール

俺は俺

Author:俺は俺
メガネ属性有りです
シエル先輩とか大好きです




最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサードリンク

勝手に応援中?

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する