日記

時事ネタやいろいろなことを気ままに書くかもです

実家を離れて半蔵学院の寮に居ようとも、義兄・村雨の手からは逃れ得ない

15/07/01(水)21:21:18 No.299553782 del 22:12頃消えます
1432897466868.jpg

実家を離れて半蔵学院の寮に居ようとも、義兄・村雨の手からは逃れ得ない
『もっといやらしく撮るヒエン!』電話越しに兄の粘り付くような声が響く
私はその声に逆らえず、屈辱の表情で自らの下着姿に何枚もシャッターを切る
まさか兄が、忍者で黒髪かつ義妹にのみ有効な催眠音声を発する特殊声帯の持ち主だとは…!
催眠状態の私は兄に指図されるまま、下着姿、全裸、自慰に励む姿、
口の部分がふやけて破れた兄のブロマイドに接吻する様など、あられもない姿を何百枚も送信させられるイヤッハ
『くっくっく、ここからが俺の催眠術の真骨頂だ』言うなり電話がブルブルヒエエンと激しく揺れ、
画面から股間を虹色に光らせた兄が飛び出した――私には分かる、これは質量を持った幻術だ
咄嗟に飛燕を抜くが幻術の力は圧倒的で、神速で放たれた鎖鎌が身体に絡み、私は一瞬でベッドに押し倒されてしまう
「術を解いて下さいお兄様!妊娠カグラEcstasyVagina、快膜します!!」
兄は私の拒絶を笑って聞き流し、欲望のまま私の両胸に指を這わせる
『ヒーッヒッヒッヒエン!俺の飛燕でお前の粘膜の温もりを味わってやろう』
嫌がる私を鎖で押さえつけ、兄の熱いレイン棒が私の秘裂に押し込まr

http://img.2chan.net/b/res/299553782.htm

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/07/01(水) 23:56:43|
  2. ふたば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<七夕と言えば織姫と彦星が一年に一回だけ会える日、恋人同士にとっては | ホーム | ふと気付けば斑鳩はどことも知れない暗闇の中に一人で立っていた。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oretumariore.blog121.fc2.com/tb.php/601-94bbb957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home

プロフィール

俺は俺

Author:俺は俺
メガネ属性有りです
シエル先輩とか大好きです




最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサードリンク

勝手に応援中?

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する