日記

時事ネタやいろいろなことを気ままに書くかもです

「くっくっく…斑鳩、もっとよく見せてみろ」

15/05/19(火)20:11:31 No.292943453

「くっくっく…斑鳩、もっとよく見せてみろ」
下劣な笑みを浮かべながら兄が私の服を剥ぎ取っていく
あらわになった胸を隠そうと身をよじっても体を縛る縄がそうはさせてくれないイヤッハ
もとより兄の膂力に私が敵うはずもなく、ただひたすら恥辱に耐えるしかなかった
「いい格好だぞ斑鳩」耳元で粘りつくように兄が囁く
無遠慮に乳房を鷲掴みにされ、もはや私の子宮は着床準備万端だ
「誰が飛燕の持ち主にふさわしいか俺がたっぷりと教えてやる…!」
言うが早いか鎖鎌が閃き、腰から下の衣服が全て切り裂かれる
必死に抵抗する私の両足がこじ開けられ、兄の赤黒い怒張g


15/05/19(火)20:20:55 No.292944947

村雨と書いてけだものと読む、一言で言うならば兄はそういう人間だ
久々の休暇で実家に帰った私を待っていたのは、兄の情欲に燃えた目線だった
顔を合わせて話すたびに兄は私の胸元に視線を泳がせる
私がそれに気付いて睨むと、あのけだものは満足そうな笑みを口の端に浮かべるのだったイヤッハ
兄の狼藉は日を増す毎にエスカレートし、浴場に入った隙に私の下着を盗んだり、自室に忍び込み衣服を漁ったり——
そして遂には私自身へその獣欲が向けられたのだった
「んあー!」助けを求め叫ぶ私の手足を鎖鎌が素早く絡め取る
そのままベッドに押し倒された私に出来ることは何もなかった
「俺の飛燕をお前の鞘に収めてやる」兄は自らの一物を取り出し私に咥えさs


15/05/19(火)20:54:18 No.292950698

兄には常識や良識は通じない
血の繋がりがないとはいえ、私達は兄妹であり、家族なのだ
しかしそんな論理はあの獣の前には全くの無意味で、私の体を無遠慮に眺め回したり、
時には答えに窮するような淫らな質問をしてきたり、そしてそういったことに赤面する私の姿を見て、
まるで猫が鼠をいたぶるかのような嗤笑を立てるのだった
「もうやめてくださいヤッハ!」
そんな抗議の声は兄に無理矢理唇を重ねられたせいで私の口から出ることはなかった
「上の唇は初めてか?ならば下はどうだヒエン」
抵抗の余地はなかった、既に私の四肢は鎖鎌に絡め取られ、兄の為すがままになっていたのだから
「俺の飛燕を切れ味を味わうがいい」兄は屹立した性器を私にあてがい一気に挿n

http://img.2chan.net/b/res/293076266.htm

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/05/29(金) 22:00:10|
  2. ふたば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<兄のいやらしい視線は日に日に熱を帯びる一方で、流石の私も忍耐の限界が来た | ホーム | 周辺各国、各勢力の宗教状況>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oretumariore.blog121.fc2.com/tb.php/570-12de05b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Home

プロフィール

俺は俺

Author:俺は俺
メガネ属性有りです
シエル先輩とか大好きです




最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサードリンク

勝手に応援中?

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する