日記

時事ネタやいろいろなことを気ままに書くかもです

以前も書いたが沖縄の米軍基地問題

ルーピー首相がもう意味不明過ぎてもう何が起きても不思議ではありません
朝令暮改過ぎて何がしたいのかも不明 韓国並の斜め上を逝っております。
前置きはこれくらいとして本題

少し前陸自、空自だったか忘れたが日本に米軍はあってしかるべきだとの発言をしたと思う
この辺が記憶があいまいで真逆に米軍はいらないだったかもしれない
そのため両方について解釈してみようと思う

まずあってしかるべき
これは現状ではあたり前だ。専守防衛という枷に縛られている以上先制攻撃は不可能であり、
おもに固定翼機の対地攻撃能力が不足している上、特科、機甲化共にTK-Xがどのように配備されるかは
不確定だが、現状の本土の主力は74であり、火砲も少ない
これは弾道ミサイル防衛のための既存イージスの改修や先陣を務める航空自衛隊に最新鋭の装備を持たせる必要があるのも大きい

元々本土上陸阻止が最重要作戦であるため仕方がないともいえる
ただ人員数の一番多い陸自にとっては他種兵科と同じ金で新しい装備や、全機械化は難しいところではある

多少話がそれたが次は米軍不要論について自説を述べる。
世界情勢、自衛隊の装備、核の存在。対地能力が不足しているため
宣戦布告した場合でも単独ではすべてのミサイル発射基地を潰すことは不可能だろう
現行装備でF-2があるが本職爆撃機と比べると天と地の程の差がある
さらに対地巡航ミサイルを所持していないところが痛い

また沖縄や中部に米軍基地があることで中共への牽制になる
在韓米軍、フィリピンも撤収もしくは撤収を要求されており
それらが完遂された場合防波堤となりうるのは日本しかない

これがどういうことかというと
冷戦時代ではないが中共に対する防波堤が日本が最前線となり
仮に日本が中共に事実上支配された場合
米軍の策源地が遠く離れたグアムになるのである

米軍だからどうでもいいだろという者には
中国日本省がいいのか
すべてとは言わないが
現時点での抑止力は米軍なのである

  1. 2010/05/22(土) 01:38:51|
  2. 自衛隊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ Home次のページ

プロフィール

俺は俺

Author:俺は俺
メガネ属性有りです
シエル先輩とか大好きです




最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサードリンク

勝手に応援中?

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する